2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村 ランキング

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月16日 (日)

大家(仮)デビュー ①物件の紹介

おはようございます。

 

昨年、マンション2室を購入し大家デビューを果たしました。買うのは思いの外簡単でしたが、まだまだ勉強することが多く、仮免許状態。そこで、タイトルには「(仮)」と付けています。

 

本日は、まず、物件や融資条件をご覧いただきたいと思います。

 

区分1号

・物件の所在地:東京、城南地区。JR、私鉄最寄りの2駅から徒歩10分以内。
・建築年   :2000年築
・取得年月  :2019年10月

・総戸数   :50戸
・間取り   :1R

・建物面積  :約18㎡
・物件価格  :約1,900万円
・表面利回り :約5.0%
・融資条件  :融資額1,800万円、金利1.64%、融資期間33年
・返済比率  :約70%

・CF     :毎月5千円ぐらい

・取引形態  :売主より購入(いわゆる三為業者)

 

オーナーチェンジで購入。購入当初の入居者は近隣の飲食店経営の30代男性の方で3年半お住まいでしたが、私の購入翌月に退去通告!

ショックでしたが、直ぐに管理会社(売主)が埋めてくれました。借主は大手メディア系列の会社で、20代前半の女性会社員が社宅として入居と条件は向上し、結果オーライ。

 

区分2号

・物件の所在地:東京、城南地区。JR、私鉄最寄り駅から徒歩10分以内。
・建築年   :1995年築
・取得年月  :2019年11月

・総戸数   :38戸
・間取り   :2
DK

・建物面積  :約50㎡
・物件価格  :約3,480万円
・表面利回り :約5.8%
・融資条件  :融資額3,310万円、金利1.84%、融資期間31年
・返済比率  :約60%

・CF     :毎月30千円ぐらい

・取引形態  :仲介(大手私鉄系不動産会社)

 

同じ区ですが、ファミリー向けです。元々自分で住んでいた夫婦の方が引越しの後、賃貸に出していた部屋で、私の購入時はエネルギー系最大手の若い夫婦の方が借上社宅としてお住まいでした。もう少し高目の値段で売り出されていましたが、値段を下げたタイミングで買い付け。立地を除いて、決め手は①物件やその周辺の雰囲気、②お住まいの方の属性、③修繕等の長期計画、でした。

 

仲介はお住まいの方にまず購入を持ちかけたようですが、「家賃補助が手厚く賃貸でずっと住みたい」、と断れた経緯も教えて貰えました。転勤や子供が産まれて家族が増えた可能性ももちろんありますが、長く住んで頂きたいものです。

 

次回、大家スタートの動機について書いてみます。

2020年2月 8日 (土)

ポートフォリオ(2020年1月末)

こんにちは。

 

先月末のポートフォリオです。

 

20200201-154259

My Index算出によるリスク・リターンはこちら。DCでファンドをスイッチングし、国内債券を減らし、主に外債部分が増えた結果です。リスクが8.3%から9.6%に増加、リターンも3.8%から4.3%に向上。

20200201-154248

金融資産全体では、不動産(2件目)決済の影響で微減、マイナス約2%。不動産購入の経緯等については明日以降記事にしていきます。
それでは。

2020年2月 1日 (土)

確定拠出年金 運用状況(2020年1月)

こんにちは。

年が改まり、2020年1月。企業型確定拠出年金の月末の状況です。

 

資産残高       12,643,318 (A)

 

拠出金累計         8,356,771円 (B)

 

損益 (A-B)    4,286,547円(+51.3%)
利回り(年率):   9.0%
(2013年9月以降)
20200201-152053

新型コロナウイルス騒動等もありましたが、前月末比プラス114,027円(+0.9%)としっかり。先月実施のリバランスに続き、今月は勤務先企業型DCの商品ライナップ変更に合わせ、バランスファンドを新規採用バランスファンドにスイッチ(特に意味はありませんが・・・)。これまでのバランスファンドは国内資産多めだったのに対し、新たなファンドは株・債券=1:1を基本に、それぞれ時価ベースで国別に配分。結果的に、国内株・債券の割合が減少、先進国株・債券が増加しています。

 

毎月の積み立ては引き続き国内株式:先進国株式を50:50で継続。年末のリバランスまで、淡々と進みます。

 

それでは。

日米英インデックス投資(2020年1月分)

こんにちは。

 

昨年夏に思いついた日米英インデックス投資、12月は妻実家への早い帰省等でスキップ(忘れてました)、昨日、2020年初回の投資を行いました。

 

5万円を目安(「上限」から変更)に、各国株式時価総額に基づいて配分。日米英それぞれ2株、15株、3株を寄前に成行で発注、全て約定しました。

 

約定後の結果です。全体では時価(1/31終値ベース)で313,744円、損益率はプラスの8.15%。昨年夏からではありますが、日本(1475)より英国(1382)が好調。

20200201-143845

BREXITも決行され、目論見通りEUの軛を免れ浮上することが出来るか。少額ですし、英国の将来を楽しみに見ていきたいと思います。

 

それでは。

 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »